当院で出産をされた患者様の体験談

○ジュンコさんの場合・・・「お姉ちゃんになりたい」一人娘のその言葉で決意した卵子提供。その後双子の男の子が生まれ、賑やかで幸せな毎日を過ごしています。そんな私が治療を受けるか悩んでいる皆さんに伝えたいこと。

○Kさんの場合・・・子供が全てでは無いものの、大きな存在。子供が出来なかった私たち夫婦には、離婚話が持ち上がり…私たち夫婦が最終的に選んだ道、それは卵子提供。その後…

40代日本人女性 日本で何度も体外受精に失敗。ホンジで卵子提供治療を受け、初めての移植で妊娠!無事に双子ちゃんをご出産されました!

 


JINEKO 2018冬号

普通に子どもがいる家庭が築けると思っていたのにー。
夫の無精子症を知った時は衝撃でした。
そこから何度も話し合い20回以上AIDにトライ。
台湾での顕微授精1回目で妊娠しました。
2018.12.20

子どもができるのは当たり前と思っていたA子さん。ところがご主人のB男さんが無精子症と判明。そこから何度も夫婦で話し合い、AID(非配偶者間人工授精)をすることに。今年、台湾での顕微授精で妊娠。約4年に及ぶ不妊治療に終止符を打ちました。
※2018年11月22日発刊「女性のための健康生活マガジン jineko vol.40 2018 Winter」の記事です。

夫の無精子症が発覚。ショックで言葉を失った

28歳の時、A子さんは7歳年上のB男さんと結婚。子どものことを考え始めたのは30歳になった頃でした。
「最初は自然にできたらいいなと思い、タイミングを自分たちでみていました」ところが2年経っても妊娠の気配がありません。一度診てもらおうと地元の産婦人科を受診。それだけでは心許ないので、ネットで探した不妊専門の病院へ。2人でひと通り検査を受けました。そこでB男さんが無精子症だと発覚したのです。
「もう衝撃なんてものではありませんでした。最初何が起こったのかよく理解できなかった。てっきり不妊の原因は私にあると思っていたので」とA子さん。反対にB男さんは「僕だったのかって驚いたし、とにかくショックでした。まずは彼女に謝りました。何だか申し訳なくて」。とはいえ、A子さんもB男さんを責めることはできません。まずはちゃんと調べようと話し合い、男性不妊の病院へ行きました。「無精子症であるのは確かでした。僕に唯一残されたのが、TESE(精巣内精子採取術)。精巣にわずかでも精子があれば、それを採取する手術です」
B男さんは、少しでも可能性があるのならと手術を受けましたが、精子は見つかりませんでした。「でも、この時は二人とも明るかった。精子があるかないかがクリアになり、これで次に進めるなって」(A子さん)

精子がないとわかっても子どもは欲しかった

この時点でA子さん夫婦には四つの選択肢がありました。一つ目は子どもを作らず、二人で生きていく。二つ目は養子縁組で里親になる。三つ目が非配偶者間人工授精(AID)。四つ目が親族間でのAIDです。ただ、A子さん自身、夫婦だけの人生はどうしても考えられなかったので一つ目はすぐに消えたそうです。「となると養子縁組かAIDか。僕は最初、養子かなと思っていました。これは男のエゴかもしれないけれど、自分の好きな女性の体内に別の男性の精子が入るのに抵抗があったので」(B男さん)養子もAIDにしても結局、親のエゴにならないか、自分たちが子どもを幸せにできるのか、など養子かAIDにするかを決める時は一番話し合ったそうです。「毎日議論というか、ケンカですよ(笑)。二人とも日によって気持ちが変わりますし」とB男さん。いずれにしても情報が足りないので、週末はなるべく養子縁組の会やAIDで生まれた人の話を聞きに行ったり、AIDで子どもを作った親の会などへ参加し、生の声を集めました。AID、里親のことを書いている人のブログや専門書も読んで、互いに感じたことを話しました。そうしているうちに二人の気持ちがAIDへと傾いていったそうです。
「養子縁組だと、ある日突然、子どもがくることになります。僕らは親になる覚悟を育てていく期間があったほうがよかった。それと、彼女は子どもを産める健康な体。だから妊娠、出産という過程を経験させてあげたいと思うようになってきたんです」(B男さん)実はA子さんはB男さんより早い時期にAIDと思い始めていたそうです。

「子どもを妊娠、出産したいという気持ちが出てきて。ただ、私から絶対AIDがいいと言ってしまうと、主人は責任を感じているところもあるから反対できないじゃないですか。それで生まれてから後悔されても困るし。だから、主人が自分で決断するまでは私も迷っているという言い方をしていました」AIDにすると決めた後も非配偶者間にするか、親族からにするかも話し合いました。「親族から精子を提供してもらうと後々関係が複雑になってしまう。それでもめ事が増えるのは嫌なので、他人の精子でのAIDを選択しました」(B男さん)

初診予約すら困難なAID治療

いざ、AID治療を始めたものの、なかなか思うようには進みません。まずAID治療で有名なC病院に登録したものの、その時点でドナー不足で7カ月待ち。「待っても初回でうまく行かなかった場合、次のAIDがいつになるかわからない。さすがにそれは困ると思い、別のH病院にも登録。でもそちらも初診まで8カ月待ちでした。その後、C病院で1回目のAIDができて、その4カ月後に2回目もできましたがダメでした」そうこうしているうちに予約を入れていたH病院の初診を受けることができました。「そちらは毎月治療が受けられるところだったので、C病院への通院はやめてH病院へ通うことにしました」

台湾での非配偶者間顕微授精1回めで妊娠!

AID開始から1年で10回、2年で20回近く、治療を受けました。「最初の頃は生理がくるたびに泣いたりしていましたが、次第に毎月の治療が生活の一部になっていきました。ただ、10回以上受けた頃からこのままではできそうもないなと思えてきて、ほかの方法をネットで調べ始めました」(A子さん)そこで台湾のホンジクリニックを知ります。日本で非配偶者間は人工授精だけなので、妊娠率は3%程度。ところが台湾では顕微授精を実施しており、妊娠率は50~60%と言われています。二人は日本で開催されていた同病院の説明会へ行き、張宏吉院長….

 

JINEKO 2017冬号

〇妊娠ストーリー〇

病院へ行けば、子どもが授かると思っていた

「早発閉経だから、卵は育たない」
心が折れそうでも、夫婦で邁進。
選んだのは台湾での卵子提供でした。

「そろそろ子どもがほしいな」と思った30歳。すぐに子どもが授かると
思っていたのに…。最初は楽観視していたけれど、子どもが欲しいという
強い思いで突き進んだ不妊治療。そして卵子提供にたどり着きました。

30歳、そろそろ子どもを…
「私って不妊なの?」

共通の友人の紹介で20代半ばに出あい、2年後に1歳年上のご主人と結婚したマヨさん(仮名)。
「結婚した頃はお互いがまだ30歳前だったし、仕事も忙しく、まだ子どもはいいかなって思っていました」。
30歳になったマヨさんは「そろそろ子どもがほしいなって思って…。これから半年くらいで子どもが授からなかったら病院に行こうって主人に話しました」。

それから半年、自然妊娠することはなく、病院行きを決心。しかしその頃のご主人は「子どもを授かることに対して危機感もなく、とても楽観視していました。“いつかできるでしょ”ってくらいに」。病院への予約や通院はマヨさん主導で進められました。
「当時は全く知識もなくて、病院に行けば赤ちゃんを授かると思っていました。だから、とりあえず家から近い産婦人科へ行きました」とマヨさん。

排卵誘発剤のクロミッド®等を服用して2クール、タイミング法を試すも、卵は育たず…。
「先生に『そんな人はなかなかいないけどね。だいたいこの薬を使えば、卵は育つのだけど』って言われて…。不妊治療の専門医でもなかったので、そんなものなのかなって」
その後、FSHの値がかなり高かったため、3カ月ほどカウフマン療法を行いましたが、残念ながら卵は育ちませんでした。

トータル半年ほど通って、先生から他県にある不妊治療の専門医を紹介されました。「他県まで行って治療しないといけないの?県内で治療できないの?」と思い、まずは不妊治療を行っている県内の病院を調べ、通院。しかし、これまでの治療方法と同じことを言われたことで、足を延ばして他県の不妊治療専門医をたずねることにしました。この時点で主人がはじめて不妊という現実を認識。「協力しなくてはいけないなと感じた」とご主人。

悩むより二人で前へ進もう
台湾での卵子提供治療へ

病院での説明会に参加して話を聞くと、卵子提供が行われるのはラスベガスやハワイとのことでした。本人が渡航せず治療ができる反面、治療費がかなり高額で実績もほとんどないことが分かって断念。
それからマヨさんがインターネットで調べたのが、大阪での卵子提供の説明会。これが台湾の宏孕(ホンジ)ARTクリニックが開催した日本での初めての説明会だったそうで、「会場のホテルには不妊で悩む多くのカップルがいっぱいで、驚きと共に心強くもありました」。

実はその説明会の帰りの道中には、治療の申し込みのメールをしていたというご夫婦。
「費用が前回聞いていたアメリカの半分くらいで、渡航に関しても台湾なら距離も近いので大丈夫だろうと思いました。日本人スタッフも充実していて言葉の問題もない。先生も『34歳、OK!大丈夫。がんばって仕事は続けてください。サポートします』と言ってくださったのが心強かったですね」。

説明会から1カ月後には夫婦で台湾のクリニックに来院。すぐに治療説明、検査、精子の凍結保存、ドナーとのマッチングまでを一気に行いました。「ドナーに求めたのが、“血液型の一致、肌が色白であること、目が二重、私に似ていること”の4点だけ。リストアップした方の写真を私たちは見ることができませんが、スタッフの方が“この方似てる”と言われた、出産経験もある20代の方に直感で決めました」。

それから2カ月後にはドナーの方が誘発され、卵子を採取。さらに1カ月後に再度、夫婦で台湾へ出向き、移植。翌月には着床し妊娠しました。
その後、安定期までは家から通える国内の不妊治療専門医に通院し、検査データを台湾へ送り、投薬等の指示をメールでももらって順調に推移。そして、マヨさんの地元の産婦人科で無事、女の子を出産しました。

自分のお腹の中で育て、
産んだ「わが子」という喜び

「すっごい、可愛いです」と抱っこしたお子さんを見て、満面の笑顔のご夫婦。「考えている時間、どうなるかわからないことで悩むのももったいない。その間にも歳だけはとってしまいます。男としては言ってみれば、顕微授精も卵子提供もできることは同じ。あとは妻を応援し支えることです」とご主人。
「将来、この子に出生のことを告知するのか?それがいつなのか、考えないといけないことがあります。子どもの成長を見守りながら、夫婦で話し合い、いずれかのタイミングで伝えようと思っています」と話す、現在育休中のマヨさん。この時間を大切に、育児を楽しみたいそうです。

 


 

JINEKO 2017秋号

台湾の生殖医療の現状について

東京から飛行機で約4時間。台湾は人気の観光地としてではなく工業や医療分野などの成長も著しく、中でも卵子提供による生殖医療が盛んなのはご存知でしょうか。世界から多くのレシピエントが訪れる台湾の現状をホンジARTクリニック(台北市)の張宏吉院長にお聞きしました。

♦日本にはない生殖医療に関する法律が台湾にはあるそうですね。法律ができた経緯は?

1985年、台北市の榮民総合病院にて台湾初の体外受精治療により赤ちゃん(試験管ベビー)が誕生しました。当時、台湾には人工生殖に関する法律が制定されておらず、人工生殖に関する議題が注目を集めました。
正式に制定されるまでに死後の精子採取、代理母、クローン人間など多くの議論になかなか決着がつきませんでしたが、2007年ついに「人工生殖法」として制定されました。

♦法律の内容について簡単に教えてください。
まず不妊治療を受けられるのは、法律的に姻関係にある夫婦に限る事が大前提です。また、ドナーからの提供卵子や精子を使う場合は血縁関係の確実な調査のため、四親等表などの資料と共に台湾の国民健康署(日本の厚生労働省の一部に相当)に申告する必要があります。さらに、ドナーの条件について年齢の下限と上限が定められており、過去に提供した卵子または精子でレシピエントが妊娠出産に至った場合は、二度とドナーとして他者に提供することはできません。

♦日本は不妊治療クリニックが約600施設あり、大学病院よりも個人医院が多い点が特徴です。台湾の施設の特徴は?
国民健康署が2017年の時点で許可している台湾の人工生殖機構は83軒、そのうち個人クリニックは32軒です。日本と違い台湾の不妊治療センターは大型の病院がメインとなっているようです。

♦日本では不妊のカップルは6組に1組と言われています。台湾の現状は?
国民健康署の統計によると、台湾国内の不妊症は10~ 15%、つまり7~10組の夫婦の内1組は不妊のカップルと言えます。台湾の出生率はこの数年1.1%台にとどまっており、少子化問題は大変深刻です。しかしこれは不妊に原因があるわけではなく、女性の大学進学率が高い台湾では高学歴を活かして豊かな暮らしを望む若者たちが多く、子育てより経済活動を重視する社会的傾向があるためです。

♦台湾と日本の不妊治療における違いはありますか?
台湾人はオープンな国民性ではありますが、人工授精の中でも「卵子提供」に関してはやはりできるだけ知られずにいたいと思う方も多いようで、国民性による意識の差はないかと思います。
ただ、治療内での大きな違いは日本では認められていない着床前診断(PGS検査)が可能だということです。アメリカでは必須検査ですが、台湾の場合は希望者に対して検査をします。日本からのレシピエントは希望される方が多いですね。

♦卵子の提供者の条件はありますか。
ドナーになれるのは 20~39歳の健康な女性、法律により定められた感染症や性病などの検査をクリアした方のみとなります。
以前にエッグドナーとして卵子を提供したことがある人も、再度ドナーになれますが、その提供した卵子で赤ちゃんが生まれていないことが条件です。

♦卵子提供者の情報はどこまで知ることができますか。
レシピエントが知ることができるのは「ドナーの血液型」「種族」「肌の色」の三点のみです。当然、事前カウンセリングにより、夫婦の容姿になるべく近くなるよう慎重にドナーを選んでいます。
また、レシピエントとドナーはお互いを知り得ることはできません。生まれた子どももドナーも、互いを知る権利は認められていません。

♦卵子提供を希望される方はどのような方が多いですか。国別の割合は?
レシピエントは高齢のため良質の卵子が作れなくなった方や、既に閉経された方、
早発閉経と診断された方、ターナー症候群など染色以上をお持ちの方、化学療法を受けたことにより卵巣機能を失った方など多岐にわたります。
当院では年間200組ほどにマッチングを行いますが、その内80%が日本人です。次に中国人、韓国人と続き、フィリピン人をメインとしたアジア系アメリカ人という状況です。最近はオーストラリアからの問い合わせも増えています。

♦海外で卵子提供を受ける上での注意点やメッセージをお願いします。
日本の方々が海外で卵子提供を受けるには他にタイやアメリカなどの国があります。費用も安く、アメリカより行き来がし易いという理由で台湾にいらっしゃる方は年々増えています。しかし、説明会やカウンセリングに足を運ばれ、医師の持つ技術や相性を見極めることが一番重要だと思います。

過信は禁物。次のステップに踏み出す前に 医療の質や相性を見極め、話し合いを大切に。

費用も安く、地理的に近く、人種的にも身近な台湾。自分は抜けられないトンネルにいるのでは…と感じておられる方にこの「海外での卵子提供」は希望の光となるかもしれません。しかしそれが 全て日本と同じ医療レベルではないのも確かです。過信し、安易に即決するのではなく、多くの医療法の中での選択肢のひとつとして冷静に向き合うことが大切です。夫婦同士、また担当医と十分な検討を重ね「その先」を慎重に進んでいきましょう。

お話を伺ったドクター

院長 張 宏吉 先生

台湾大学医学部出身。米国ニューヨーク大学で生殖医学と不妊症を研究。2012 年の開院以来、卵子提供を受けた日本人の患者は 300 名を超え、産まれた赤ちゃんは 100 名に上ります。

 


 

JINEKO 2017夏号

子どもができない原因は自分にある— 。

選んだ道は台湾での卵子提供。心が折れそうな時も負けずに進めたから、二人にとっての“最善”が見つかりました。

「ただの生理不順」だと思っていたHさんに待っていたのは「排卵していない」という現実。それでも、子どもが欲しいという強い思いで、 台湾での卵子提供という道を選びました。

知識もなかった当時、体の変調を見逃していた
風に舞う桜の花びらが春の終わりを告げようとしている4月中旬。Hさん(46歳)とご主人(43歳)、そしてお昼寝から起きたばかりの可愛い女の子が自宅の一室で迎えてくれました。

Hさんとご主人の出会いは平成14年。ご主人の仕事先で出会った二人はすぐに意気投合してデートを重ね、2年後に結婚。周囲もうらやむ仲良し夫婦でしたが、二人には結婚前から子どもに関する悩みがありました。

「高校卒業してから生理不順になって、半年に1回とか、それよりも間隔があいたりっていう状況だったんです。主人は子どもを望んでいたし、私は子どもができないかもしれないと思っていたから、私と結婚していいの? って聞いたんです」とHさん。その言葉に「いいよ」と即答してくれたご主人の気持ちに応えたくて、まずは自分の体の原因を解決しようと考えました。

医師の口から出た言葉が不妊と向き合うきかっけに
当時、関東に住んでいたHさん。独身の間に生理を順調に戻そうと、近所の病院へ。その時はまだ、「とりあえず生理がくるようにすればいいのかなという程度の認識」だったそうですが、ホルモン療法を始めても、生理周期が順調な時もあればやはりこない月もあって、30歳になったHさんの気持ちも少しずつ焦り始めます。

結婚してご主人の地元に引っ越し、環境は大きく変化しましたが、“不妊”に対する知識はまだなく、生理を戻すために少しでも良さそうな病院を転々としていたHさん。その意識が変わったのは、「出産しますか?」という医師の言葉だったそうです。

子どもを産みたいのであれば、不妊治療に進まなければいけない。独身時代とは違い、結婚したからこその言葉をきっかけに、地元で最も有名な産婦人科への転院を決意。卵胞のチェックや採血などひと通りの検査をした結果、「うちでは診られないって言われて…」。地元で一番のクリニックでダメならと、県内全域に範囲を広げて病院を探しました。

県内はもちろん全国的にも有名な熊本市内の病院への通院を決め、本格的に不妊治療をスタートしたHさん。ある程度は採卵できたものの合計8回行った体外受精で着床しないまま過ぎる時間。一度は着床しても8週目に心拍を確認したのちに流産し、Hさんは年齢的にも治療を続けることが厳しくなっていることを自覚します。「最後は卵胞すらできず、北九州市にある不妊専門のクリニックに紹介状を書いてもらったんです」。その時点でHさんは41歳。ご主人が運転してくれる車で片道3時間の距離にあるセントマザー産婦人科医院への通院が始まりました。

可能性があるかぎり、諦めたくなかった

「セントマザーは患者さんが多くて、今までとは違う治療法を提案してもらったことも新鮮で。専門のクリニックに来たんだな、もしかしたら可能性があるのかな、と思ったのが最初の印象でした」

本格的な不妊治療が始まったとは言え、どうしても卵胞は育ってくれません。それでも子どもが欲しいという二人の強い希望を院長の田中温先生に伝えると、「Hさんご夫婦のようなケースの方が自身の子どもを望む場合、外国での卵子提供という方法があります。特に台湾は世界で唯一、国が主導してくれていて安心感もあるので、考えてみてはいかがですか」と説明を受けました。

二人にとって、初めて聞く“卵子提供”という言葉。それでも、可能性として唯一残された選択肢であるなら、それを受け止めよう。そのためにも、まずは台湾のクリニックに直接話を聞いてみようと、台湾のホンジクリニックにメールを送り、費用や治療内容、言葉の問題、そして本題となる成功の確率など、ひと通りの不安がクリアになって、二人は台湾へと向かいました。

血液型、肌と髪の色、できるだけ二人に近く
台北市にあるホンジクリニックの張宏吉院長の第一印象をHさんは「エネルギッシュでフランクな感じ」と表現しました。北京語を話す張先生との間に通訳を介してスムーズにコミュニケーションが取れているように感じたHさん夫婦は、卵子提供者の最終決定を委ねるほど張先生を信頼できたそう。

「血液型や同じような肌と髪の毛の色など、できるだけ二人に近づけたいという思いがあって。直接話をして、私たちにぴったりだという提供者を選んでくれたので、その言葉を信じました」

初の渡航を終えて日本へ戻ってからは、セントマザーを紹介してくれた熊本の病院も妊娠までのすべてのフォローを引き受けてくれて、日本と台湾両国で二人にとって万全の態勢が整いました。

子宮内膜が順調に厚みを増し、台湾ではご主人の凍結精子を用いた受精卵が順調に育ったことを受け、子宮に移植するために夫婦で2度目の台湾へ。6個の受精卵のうち、最もグレードの高い2個をHさんの子宮に移植しましたが、やはり前回の体外受精の時と同様に8週目で流産してしまいます。受精卵は残り4個。次にもしチャレンジするとしたら、グレードはどれも低く、妊娠の可能性は確実に最初の移植時よりも下がるはずでした。Hさんはご主人と話し合い、これが最後という思いで張先生へメールを。

「残りの受精卵4個を一度に移植したいという希望を伝えました。同程度のグレードの低さですが、2個よりも4個移植したほうが確率は上がる。可能性は小さくても、それに賭けたかった」

子宮内膜を整え、3回目の渡航で移植した4個の受精卵のうち、2個着床した気配。1つははっきりと、もう1つはなんとなく……。「もしかしたら確率が高くなったんじゃないかな?」。

4週目を迎え、はっきりと見えていた方のみ順調に育っていることがわかります。過去のつらい体験から8週目までは安心できなかったそうですが、それから先は未知の世界。母子手帳をもらい、順調に育つ嬉しさはあっても油断はできず、妊婦検診を受けて「ようやく実感と安心感が芽生えた」とHさんは振り返ります。

妊娠後期は、血圧と血糖値が高くなり、浮腫みが出ました。子どもにも影響しないよう食事療法をするようにいわれたHさんは、初めてのことに戸惑いながらも、病院で聞いたり本やインターネットで調べながら実践、ついに臨月を迎えます。

二人で乗り越える意味をみんなに伝えたい
ご主人が見守るなか、2678gで生まれたYUKAちゃん。自然妊娠が難しいことを知った時、心音を聞いた後に流産した日、卵子を提供してもらう決意をした時。何度も傷つき、夫婦で悩んだ日々を過ごした二人にようやく授かった我が子に、「人が喜ぶ」「人が集まる」という意味をもつ字を組み合わせて名づけました。

「女性に原因があると、その責任の重さに押しつぶされそうになるけど、その気持ちに負けないでほしい。自分一人では難しくても、夫婦二人でならきっと乗り越えられるはずだから」

現在、Hさん夫婦は不妊で悩む患者さんに自らの体験を話す機会を積極的に増やしています。「諦めなければ、どんな結果であっても道は開けます。常に夫婦でしっかりと向き合い、夢をもち続けてほしいですね」。